WPアプリ

WPアプリについて

WordPressのアプリ化サービス

WEB(WordPress)サイトと、アプリが同時に安価に作れます。

WordPressのアプリ化サービス

自社サイトやブログで発信するオウンドメディアをアプリ化してアプリストアで公開します。

高速設計

WordPressアプリ専用設計でアプリ内でコンテンツを高速表示します。

アプリ機能

よく使うアプリ機能をモジュール化。アプリ機能は自由にカスタマイズ。

低価格

ネイティブアプリ開発をオールインワンパッケージで安価なサブスク価格。

サポート

安心の運用サポート体制。機能改善、効果につながる新機能を続々リリース。

WPアプリの構成イメージ図

WPアプリは、WordPressサイトから情報を収集し、アプリのバックエンドで情報を管理します。

WPアプリ構成イメージ図
WordPressからアプリを本当に作れるの?

Q. WordPressからアプリを本当に作れるの?

 

A. はい。iPhone、Androidスマホアプリを作れます。

考え方はいたってシンプルです。
WordPressからAPIでコンテンツを収集し、アプリにデータを流し込むだけです。アプリ自体の設計や機能の追加は自由自在なので、WordPressのコンテンツにプラスして、アプリの機能をいくらでも増やすことができます。
WordPressで編集したコンテンツはリアルタイムにアプリに反映されます。また、アプリはネイティブアプリですので、レスポンスも高速で、AppStoreやGooglePlayでアプリを公開できます。

Q. WEBコンテンツを高速表示できるのはなぜ?

 

A. WordPressアプリ専用設計で実現しました。

ウェブビューやPWA、ハイブリッドアプリは、アプリ化する際に、css、javascriptなどの動作やレイアウト設計などをコンテンツと一緒に取り込む性質があります。
このことにより、アプリ上で動作やレイアウト再構築する必要があるので、レスポンスが落ちることになります。

 

WPアプリでは、WEBコンテンツがアプリ上で再構築する際にレスポンスが落ちないように、アプリ内にデザイン設計にあたる部分やプログラムを組み込み、WordPressからは、コンテンツデータのみを収集する仕様となっています。

 

このことにより、ウェブビューやPWA、ハイブリッドアプリに比べ大幅な高速レスポンスを実現できることになり、また、WEB上では動作の遅いWordPressも、ネイティブアプリ開発のWPアプリでは、高速になる可能性もございます。サイトが肥大化して遅延問題を抱えたWordPressサイトには、解決策と一案としてご検討ください。

WEBコンテンツを高速表示できるのはなぜ?
WEBページが膨大にあるけどアプリ開発費用は?

Q. WEBページが膨大にあるけどアプリ開発費用は?

 

A. ページが膨大でも費用は変わりません。

WordPressサイトのページ数が数千ページあっても開発費用は変わりません。WordPressからのコンテンツはAPIで自動収集しますので、ページのカテゴリ、タブなど法則が決まっているサイトならスピーディにアプリに取り込む事ができます。

 

また、データはWordPressサイトから取り込むためアプリのストレージが増量することはありません。WordPressサイトを更新すれば、アプリ本体もリアルタイムにコンテンツを更新することができます。

Q. WEBとアプリを同時に作れるのですか?

 

A. はい。作れます。

WPアプリをご利用いただければ、WEBブラウザで表示する「自社メディアやホームページ」と、アプリストアでダウンロードする「iOS、Androidアプリ」を作成することができます。

 

WEBコンテンツを流用したアプリのコンテンツ編集管理はWordPressのCMSで実行し、追加したアプリ機能はアプリの管理画面で編集管理ができます。

WEBとアプリを同時に作れるのですか?
どんなアプリ機能も追加できるのですか?

Q. どんなアプリ機能も追加できるのですか?

 

A. はい。

WPアプリは、ネイティブアプリで開発いたしますので、どのようなアプリ機能でも付与することが可能です。

 

また、スタータープランやビジネスプランでは、よく使用するアプリ機能をモジュール化し、プラン内でご予算でご利用できるようパッケージ化いたしました。安価なサービス価格で、様々なアプリ機能をご用意しておりますので、使用するアプリ機能をご選択の上お申し込みください。

 

なお、プランに含まれないアプリ機能をお望みであれば、別途お見積もりさせていただきます。

WEBをアプリ化する際の注意

スマホユーザーの比率が大きくなった現代では、アプリの価値が高まってきていて、自社サイトやオウンドメディアをアプリ化する動きが活性化してきています。

 

しかし、WEBをそのままアプリにしても、同じような内容ではユーザ側のメリットはありません。WEBでことが足りるのでアプリを作ってもインストールしてくれるユーザは増えません。

 

また、アプリストア側もWEBと同じような機能のみのアプリは排除する動きが強まっていますので、Webブラウザの機能しかないアプリや、Webの基本機能で簡単に実現できるアプリはリジェクトされる可能性が高いです。

 

時間とお金をかけてアプリ化してもアプリストアに掲載できなければ仕方ありません。

 

WordPressをアプリ化する際には、既存の自社アプリやオウンドメディアと、アプリの差別化を考え、アプリならではの機能を追加し、ユーザにとって満足が得られるアプリ仕様をご検討ください。

アプリを作る目的
なぜアプリを作るのか?アプリ開発の先にあるゴールは何か?明確にすることは、アプリ開発を検討する上で重要なポイントです。
ターゲットユーザー
多くのユーザにアプリを利用していただくためには、ユーザターゲットを明確にして、ユーザのニーズを考えてアプリ開発しましょう。
ユーザーへ価値を提供
アプリを作る前に、ユーザーのニーズを満たせるものなのか、ユーザーの立場になってしっかりと考えるようにしましょう。
プラットフォーム
アプリを作る前に、ユーザーのニーズを満たせるものなのか、ユーザーの立場になってしっかりと考えるようにしましょう。
実装すべき機能は何か?
既存のWordPressサイトと同じようなアプリを作っても意味ありません。ユーザ満足度を高める機能を考えアプリに実装してください。
ビジネス的な視点
アプリで成功を収めるためには、ビジネス的な視点で仕組みを考え、長期的に存続するビジネスモデルを作る必要があります。
デザインとユーザビリティ
アプリは見た目が美しいだけでなく、直感的な操作を簡単に行えることが非常に重要です。デザインやユーザービリティは大事です。
プロモーション
アプリストアに掲載するだけでは誰もインストールしてくれません。ターゲットユーザに認知させるプロモーションプランも考えてください。

WordPressサイトをアプリ化する利点

WordPressサイトをアプリ化する利点を一覧にしてみました。アプリ化をご検討する際ご参照ください。

新しいアプローチ手法

アプリは、消費者の興味・関心や購買意欲を引き出す為の新しいアプローチ手法として利用できます。

アプリマーケットへの参入

アプリマーケットへの参入により、新しい顧客とコンタクトをとって商談に進めることができます。

リレーションシップマーケティング

既存顧客との良好な関係づくりによって商品・サービスの満足度を上げ、顧客として引き込むことができます。

新規ユーザーへのアプローチ

新規ユーザーへのアプローチが容易になるだけでなく、ブランディングによるユーザー教育にも繋げることが出来ます。

プロモーション

アプリ内で商品やサービス告知ができれば、広告宣伝費などのコストを削減できる上、事業成長の促進効果も期待できます。

自社アプリの資産化

アプリマーケティングが成功すれば、コンテンツが資産になり、将来に渡って利益をもたらすことができます。

顧客の囲い込み

アプリストアに掲載したアプリは、特定の顧客を囲い込めるので、顧客は競合他社と比較検討しないで購入してくれます。

収益化

アプリの有料化、アプリ内に広告表示、アプリ内課金、決済システムなどを導入して、収益を得られます。

経費の削減

本アプリはWordPressと同期しているので、運用面で新たな人件費や、サーバ管理費などは必要ありません。

コンテンツ配信

商品やサービスの情報配信、関連記事、お知らせなど発信したい情報を、自社で全て管理することができます。

ブランディング

ユーザーに信頼や共感をしてもらえる、質の高いアプリによって、自社の価値を高めることができます。

顧客との関係性

顧客との接点を重視したアプリであれば、顧客との距離を縮め、より多くの顧客の獲得につなげることができます。

アプリ機能

WEBに無い、新しいアプリ機能を付与すれば、これまでつながることが難しかった潜在層の消費者にもリーチすることができます。

競合他社との差別化

ユーザにとって利便性の高いアプリを作ることによって、競合他社との差別化を図ることができます。

運用管理が容易

アプリはWordPressと同期しているので、今まで通りのWordPress更新作業で、アプリにコンテンツが反映されます。

wordpress+app

お問い合わせ・アプリの価格について

本サービスについてご質問があれば、お気軽にお問合せフォームからご連絡ください。

 

お見積もりに関しましては、お客様のご要望をしっかりとヒアリングし、適切なお見積もり価格を提示させていただきます。

 

WordPressの他、PHPサイトやEコマースサイトのアプリ化や、本サービスに無い仕様のアプリも受託開発させていただきます。

アプリ開発会社:アプキー

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。